痛いところと悪いところは違います 〜トリガーポイント編〜

肩が痛い、

腰が痛い、

背中が痛い・・・

痛いのって辛いですよね。

でもこの「痛み」ってどこで感じてるんだと思います?

腰だけで、「痛みが出る」のと「感じる」のが完結してるんでしょうか?

答えは「 脳 」なんです。

痛みはいつも頭の中にあるんです。

でも脳ミソ自体は痛みを感じないです。

痛みを伝えてるだけです。

そして、「脳は、皮フ表面に痛みがある場合は、

どこから痛みがくるのか判断することができるが・・・

筋肉の深部や内側からくる痛みはどこからくるのか判断できない」

っていう特性があるんですね。

判断できないってことは、伝達ミスしたりするんです。

その伝達ミスを体に教えてあげる

「トリガーポイント施術」を、

臨床セラピスト治療家塾Rootsで学んできました。

この施術、

慢性的な痛みで、場所がはっきりしている痛み、

シビレに非常に効果的!!

でも、この施術法、欠点があったんですね。

それは患者さんが「痛い」思いをしなきゃいけないということ。

今回師匠が教えてくれたのは、師匠が臨床で編み出した新しい方法、

患者さんは「痛い」ではなく「痛気持ちイイ」、

それでもって、痛みがとれるという画期的な方法!

この施術法、確かに自分で受けてみても、痛かったんです。

でもこれで、患者さんの負担が少なく、

安心して受けてもらえることができます。

方法としては、

患者さんが痛いと思ってなかったところを刺激して、

患者さんが痛いと感じていたところの痛みをとる。

つまりは、

「筋肉のロックがかかってしまっているところ(悪いところ)」を

ゆるめて、「痛いところ」を治療する。

「痛いところ」と「悪いところ」は違うということが、

体感できる治療法です。

「痛いところ」と「悪いところ」は違うんですよ~!!

     名古屋市南区の
成果にこだわる整体院
   海癒 (かいゆ)
052-821-2267

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です