数センチの差が肩に効く

$整体セラピストの気づきと盲点 
肩こりの原因には様々なものがありますが、
大きく分けると次の2つになります。
1. 肩・首まわりの筋肉疲労や血行障害
2. 内蔵の疾患などの他の病気による症状の一つ
たいていの場合、1.が原因です。
長時間のパソコン作業や、デスクワークが引き金で起こったりします。
人間の頭の重さは成人女性で約4~5kg。
ボーリングの球ぐらいの重さがあります。
腕は1本で3kgぐらい。両腕で6kg!
これだけの重さのものを
肩や首で支えなきゃいけないのです。
特に肩には支えてくれる骨がなく
筋肉だけでつり下げられた状態になっています。
なので、寝ているとき以外は
肩・首周りの筋肉は常に頑張っているわけです。
その筋肉の疲労があるレベルをこえると
コリ痛みとなって現れてしまいます。
筋肉への負担を多くする原因は…
ズバリ「姿勢」です。
いわゆる「気をつけの姿勢」をイメージしすぎると、
どうしても筋肉で姿勢をコントロールしてしまうのですが、
人間の身体というのはムリをしなくても立てる構造になってます。
肩こりを起こしにくくする姿勢のポイント
「頭を背骨に乗せる」
「フックでつるされているような意識を持つ」
「アゴを1cm引いて、前を向く意識を持つ」
この1cmの差、アゴを引くのは1cmでも、
頭の重さはボーリングの球くらいあるので、
頭を支える筋肉への負担は大きく変わります。
これらの意識を持つことで
筋肉に過剰な働きをさせることなく、
骨格で頭を支える状態を作りやすくなります。
$整体セラピストの気づきと盲点 
名古屋市南区の
肩こり・頭痛が得意な
整体院 海癒(かいゆ)

052-821-2267

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です