開いた『オケツ』 〜内股はキケン!〜

日々、整体師としてたくさんの患者さんに施術をしている中で、
施術の途中で『オケツ』の変化が大きいことに気がつきました。

そしてその『オケツ』の変化が、
身体全体の姿勢の変化にも大きく影響していることを日々実感。

このブログでは、そんな整体師としての『オケツ』に関する
気づきをシリーズにしてお送りしていきます。

初回の今日は「開いた『オケツ』」

一言に『オケツ』と言っても、様々な形があるのですが、
「開いた『オケツ』」を気にされている方も多いと思います。

「開いた『オケツ』」の状態でいると、
「開いた『オケツ』」のまわりに脂肪がつきやすくなって、
さらに『オケツ』が開いて、大きな『オケツ』に、

加えて内蔵が下がりやすくなって、ポッコリお腹になったり、
過食したり、

さらに放っておくと、股関節も固くなり、
腰の反りが大きくなりすぎて、

腰痛の原因にも!

悪循環ですね~。

僕が思う、「開いた『オケツ』」の原因の一つは、
「内股」にあります。

内股でいると、
膝が内側を向き、
『オケツ』の部分の太ももの骨(大腿骨)は外側へ、

内股でいればいる程、
太ももの骨は外側に向き、
「開いた『オケツ』」はさらに開いていきます。

『オケツ』そのものだけを考えるのではなく、

普段の姿勢、
それによる脚の骨のねじれも大きく関わってくるんです。

全身はつながっていますからね。

内股撲滅は、
『オケツ』の形も変え、
全身の姿勢も変えます!

立っている時は、
ヒザは外側に向け、

歩く時は、
つま先はまっすぐになる様に意識しましょう。

それだけでも、日々使う筋肉が変わって、
『オケツ』が変わっていきますよおぉ~~~!

おしゃれな『オケツ』

  名古屋市南区の
 「おけつの整体」
  整体院 海癒
052-821-2267

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です